Mini-Z自主練用のカーペットを拡充するための次の一手

Mini-Z

RCファンならば、
この気持ちをわかってくれると思いますが、

自宅でそこそこ上手く走れるようになると、
(たとえ上手くなっていなくても、)

次はやっぱり「サーキットコースデビュー」
したくなります。

私が住んでいる千葉県からアクセスできる
Mini-Zのサーキットさんはいくつかありますが、
「平日、会社帰りに寄れる」というほど
気軽な距離にはないのが実情。

ましてや昨今のこの事情で、
深夜や早朝営業もしていないですし、

夜の数時間のちょっとした空き時間で
利用できるコースがあればなぁ。

なんて考えてしまいます。

自分専用のサーキット、作れないかな?

なんだか自分でも恐ろしい発想ですが(笑)、
1/27スケールのMini-Zならば
もしかして、できなくはないか?

なんて、思い始めています。

ある程度の広い場所があればいいのです。

アルテイドの広さ?

ここは常に曖昧ですが、

京商のオフィシャルウレタンコースの、
50cm四方のウレタンマットを数えると、

だいたい12m×6mくらいでしょうか。

確かに、この広さの部屋がある
日本の一般家屋はそうそう無いですね。

ならば、どこかを借りるなり、

要するに、風雨を凌げて、
カーペットが敷ける場所を、
少し探してみたくなりました。

私のもうひとつの趣味である、
メダカ飼育においても、

「ビニールハウス」を貸してくれる人を、
一時真剣に探したこともあり、

けっこう、この辺り、

私の性格というか、

「考えるだけ」「知るだけ」ならタダ!
と、好奇心の赴くままに、
調べることが嫌いじゃないです。

より広い場所で、Mini-Zを存分に練習する方法。

一番ベストなのは、
近隣のサーキットにお邪魔することですが、

例えば、夜の9:00とか10:00に帰宅して、
「一時間だけ走らせたい」というような、

スキマ時間で、Mini-Zの腕を鍛える方法を、
すこぉ~し真面目に、考えてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました